新建ハウジングに掲載されました

2017年7月20日の新建ハウジングVol.766に、火バリ推進組合の準耐火仕様外壁材「火バリ」についての記事が掲載されました。
その性能やデザインについて詳しく紹介されています。

組合を設立しました

2017年3月、岐阜県JAS製材品等供給・利用推進組合(略称・火バリ推進組合)を設立いたしましたことをご報告いたします。

建築知識ビルダーズ29号に掲載されました

2017年5月発売 建築知識ビルダーズ29号2017年5月発売の建築知識ビルダーズ29号に、ヴィヴィッド岐阜の準耐火仕様外壁材「火バリ」についての記事が掲載されました。
仕様・性能に関して詳しく紹介されています。

建築知識6月号に掲載されました

2017年5月20日発売 建築知識6月号2017年5月20日発売の建築知識6月号に、ヴィヴィッド岐阜の「火バリ」の、準耐火性能評価試験の様子が掲載されました。
45分準耐火構造に関して、その仕組み、用途など、詳しく説明されています。

建通新聞に掲載されました

2017年5月15日の建通新聞の「新商品・新技術ウォッチ」コーナーに、ヴィヴィッド岐阜の準耐火仕様外壁板「火バリ」についての記事が掲載されました。
福田弥生理事長のコメントも紹介されています。

岐阜県木材協同組合連合が国内で初めて開発しました

準耐火仕様外壁板

岐阜県産材

外壁用板
  • *岐阜県産材
  • *厚さ30mm無垢板 、桧板又は杉板
  • *不燃液等の含浸なし
生産・加工
  • *岐阜県内のJAS工場にて製材・加工
板張り適用区域
  • *防火地域
  • *準防火地域
  • *法22条区域

国土交通大臣認定
外壁板張り
準耐火構造
(45分)

「火バリ」とは
火を見張り
建物を火から守る
外壁用板です

準耐火性能評価試験

試験体 3.5m×3.0m

800℃ 45分過熱後、炉より搬出板は勢いよく炎を上げているが、内壁側の石こうボードに異常はみられない。

消火後、板全体に炭化層が見られ、構造体への影響は見られなかった

裏側の石膏ボードは冷たいまま
木材がゆっくり燃える長所を積極的に利用した木材の外壁材です。厚いか太い木材は火災にあっても、1分あたり1mm程度しか燃えません。すなわち、厚さ30mmの木材は30分以上燃え抜けず、木材裏面の温度が100℃を超えないので、下地の構造用合板やせっこうボードと組み合わせると45分以上燃え抜けない外壁ができます。山の木が太く育ってきた、今の時代だからこそ実現できた外壁と言えます。懐かしくて、新しい木材の外壁材を使った建物を、都市で、郊外で増やして下さい。

安井 昇

安井 昇 Noboru Yasui

Noboru Yasui

1968年京都市生まれ、東京理科大学大学院(修士)、積水ハウスを経て、1999年桜設計集団一級建築士事務所設立。2004年早稲田大学にて博士(工学)取得、2007年日本建築学会奨励賞(論文)受賞。現在 桜設計集団一級建築士事務所代表、早稲田大学理工学研究所招聘研究員、東京都市大学非常勤講師、NPO法人teamTimberize副理事長、NPO法人木の建築フォラム理事。専門は、木造設計・木造防耐火

外壁板張り準耐火構造(45分)とは?

岐阜県木材協同組合連合会が、独自に開発した外壁板張り準耐火構造(45分)です。木が持つ耐火性能を利用して800℃の熱に45分間耐えられる木造軸組構造です。外壁の板材は、ヒノキやスギの厚板=「火バリ」です。内壁は石こうボードです。28年5月、国土交通大臣の認定を取得しています。

外壁板張り準耐火構造(45分)の概略図

例:認定番号QF045BE-1424(1)

木材 厚さ30mm 火バリ

外壁の板に不燃液を使っていません

不燃液などの薬液の塗布・含浸の加工はしていません。従って、白華現象による劣化も生じません。

塗料は何を使えばよいですか?

認定では、合成樹脂製塗料も使えますが、環境に影響を与えない自然素材(柿渋・荏油・ひまわり油など)を原料とした、水性の木材保護塗料をおすすめします。

地球環境のため自然素材にこだわっています。

板の耐火性能は大丈夫?

厚さ30㎜無垢板と燃焼時に生成する炭化層の耐火性を利用した燃え代設計を採用。含水率15%以下、仕口は独自の防火設計、ビス寸法・間隔など細部まで、耐火性を十分考慮した設計になっています。

どんな張り方がありますか?

横羽目板張り・下見板張り・下見板張り押縁付・縦羽目板張り・縦羽目板張り押縁付の5種類です。仕口は認定書を参照してください。

まちに森の佇まい

準耐火構造の建築可能な地域と規模

延面積 階数 参考図
防火地域
建築基準法第61条
100㎡以下
かつ
2階建て
以下
準防火地域
建築基準法第62条
500㎡以下
かつ
3階建て
500㎡~1500㎡以下
かつ
3階建て
以下
建築基準法
第22条区域
延焼の恐れのある部分
勘違いしていませんか!?

地球温暖化阻止に貢献する“火バリ”

「岐阜の山は木でいっぱい」「手入植樹」

”火バリ”は主伐材や間伐材を利用しています。
”火バリ”の需要が増えることは、植林や育林の手が入り森林の環境が改善します。
木の根が張り、森林が活性化すると、樹木は二酸化炭素を吸収、酸素を排出し、土砂災害を防ぎ河川や海の浄化にも繋がります。

火バリちゃん

外壁板張り準耐火構造 認定番号一覧表

認定番号 仕様の構成
外壁仕様 構造用面材 断熱材 構造用面材 内壁仕様
QF045BE-1424(1) 木質系ボード、
セメント板又は
火山性ガラス質
複層板
人造鉱物繊維
断熱材充てん
なし 強化石こうボード張
QF045BE-1424(2) 木質系ボード又は
セメント板
強化石こうボード張
QF045BE-1424(3) なし 石こうボード重張
QF045BE-1424(4) 木質系ボード又は
セメント板
石こうボード重張
仕様の構成

* 構造の各部詳細については、各認定書および施工要領書を参照してください。

外壁板張り準耐火構造 認定番号一覧表




横羽目板張り 下見板張り
下見板張り押し縁抑え
たて羽目板張り
縦羽目板張り押し縁抑え
変形本実加工 下見板加工 本実加工
仕口の形

* 仕口の形状・寸法・クリアランス・節止めなどはそれぞれ各認定書・施工要領書を参照してください。

「火バリ」開発の趣旨

岐阜県は県土の82%を森林が占めている”木の国”ですが、豊富な資源が手付かずの状態が増えています。
岐阜県木材協同組合連合会では、平成22年度より木造公共建築物への県産材利用促進を目的とした取り組みを精力的に行ってきました。
今回、防火制限区域の住宅や公共建築物・施設・店舗などの外壁に板を張る、すなわち「火バリ”を張れば、木材の大きな需要拡大になり、森林の荒廃に歯止めがかかることを期待して開発いたしました。

開 発 者

岐⾩県木材協同組合連合会

〒500-8356
岐阜市六条江東2丁目5番6号
ぎふ森林文化センター内
E-mail info@gifu-mokuzai.jp
お問い合わせ先

㈵環境共生型すまい推進ネットワーク・

ヴィヴィッド岐阜

〒500-8358 岐阜市六条南2丁目12番20-503
058-278-7712
お問い合わせフォーム